5 posts categorized "info"

2008年7 月26日 (土)

Relationship between WMS and SVG Map

This page is English Version of the Japanese article of this blog.

WMS has weak points as pointed out in the article before. SVG Map can offer a complementary solution. Then, a concrete adjustment point of the specification of SVG Map and WMS is described as follows.

Cross-reference of specification:

  • In the specification of WMS, SVG is provided for as one of the format of map drawing.
  • In the specification of SVG Map, the GetMap request of WMS can be treated as one of the enhanced query part of URL.

Therefore, they have adjusted mutually.

Geographic coordinates of map:

  • SVG Map buries geographic coordinates as metadata in map data.
  • Geographic coordinates for the map appear on query part of the protocol in WMS.

Therefore, it is necessary to memorize the requested parameter in WMS to maintain geographic coordinates for the downloaded map. SVG Map will solve this problem.

Tiled map:

  • SVG Map supports tiling by preparing container SVG data. Container SVG data refers to the tile data by URL.
  • WMS can generate the tile of the arbitrary division. The tile can be accessed by enhanced URL (GetMap request).

SVG Map client doesn't know the access method to the map server excluding URL of tile data described in container SVG data. That is, the accesses other than these URL do not occur. Then, the server of WMS can achieve speed-up by caching URL described in container SVG data.

Layering:

  • SVG Map supports layering by preparing container SVG data. Container SVG data refers to each layers by URL. (That is the Hyper-Layering.)
  • WMS can generate the arbitrary layer. The layer can be accessed by enhanced URL.

On the other hand, the support of layering function on the server side is a difficult in the point of the performance.

Therefore, the WMS protocol and SVG Map adjust well, and will be able to have a supplementary relation.

Special purpose XML languages for WMS:

On the other hand, SVG Map doesn't basically support data other than the SVG format. (However, PNG and JPEG are supported. ) That is, the interpretation of data by proper XML languages for WMS (response data of GetCapability and GetFeatureInfo request) is outside the specification of SVG Map.
However, a considerable functions that those languages aims will be able to be converted into container SVG of SVG Map. This conversion will be able to be achieved by processing by javascript on the client side, or batch processing at data origination, or dynamic processing on server side etc. Convertible functions are as follows.

  • Notification of range of map that server offers
    SVG Map client doesn't know the access method to the map server excluding URL of tile data deployed in container SVG data. That is, the range of the map service can be transmitted to the client by deploying as URLs of container SVG.
  • Notification of kind of layers that server offers
    SVG Map client doesn't know the access method to the map server excluding URL of tile data deployed in container SVG data. That is, the kind of the layers that provides the map service can be transmitted to the client by deploying as container SVG.

GetMap Protocol:

On the other hand, there might be a lots of use cases that tells the server the value of a geographic view box of the viewer for the SVG Map platform. Therefore, sharing the means for it might be significant. And, it is appropriate to use query part of http GET as this means. The GetMap request of WMS will be able to be used as the concrete specification. We plan to establish this function as one of the specifications of SVG Map Profile.

2008年7 月25日 (金)

WMSとSVG Mapの関係

以前の記事で指摘したように、WMSには問題点があります。SVG Mapは相補的にそれを解消する手段を提供することができます。そこで、以下にSVG MapとWMSの仕様の具体的な整合点を記載します。

仕様の相互参照:

  • WMSにとって、SVGは地図描画形式の一つとして規定されています。
  • SVG Mapにとって、WMSのGetMapプロトコルはURLのquery partの拡張の一つとして扱うことができます。

 従って相互に整合しているといえるでしょう。

地図の地理座標:

  • SVG Mapは地図データにメタデータとして地理座標を埋め込みます。
  • WMSでは地図の地理座標はプロトコルのquery partに現出します。

 WMS仕様のサーバからダウンロードした地図は、リクエストしたパラメータを地図データとは別に記憶しておかないと地理座標を失ってしまいます。SVG Mapはこの問題を解決するでしょう。

タイリング:

  • SVG Mapは、コンテナSVGデータを作ることで、タイリングをサポートします。コンテナSVGデータはタイルデータをURLによって参照します。
  • WMSは任意の区画のタイルを生成することができます。タイルは拡張されたURL(GetMapリクエスト)によってアクセスすることができます。

 SVG MapのクライアントはコンテナSVGデータに記載されたタイルデータのURL以外へのアクセス方法を知りません。すなわち、これらのURL以外のアクセスは起きないので、WMSのサーバはコンテナSVGデータに記載したURLをキャッシュすることで、高速化を実現できます。

レイヤリング:

  • SVG Mapは、コンテナSVGデータを作ることで、レイヤリングをサポートします。コンテナSVGデータは各レイヤーをURLで参照します。
  • WMSは任意のレイヤーを生成することができます。レイヤーは拡張されたURLによってアクセスすることができます。

 一方、サーバ側でのレイヤリングのサポートは性能面で難題です。

以上より、WMSの拡張されたhttpプロトコルの規定とSVG Mapは良く整合し、補完関係を持つことができるでしょう。

WMSの固有なXML言語:

 しかし、SVG MapはSVG形式以外のデータを基本的にはサポートしません。(ただし、PNGとJPEGはサポートします。)すなわち、WMSで規定されたXML言語(GetCapabilityやGetFeatureInfoリクエストのレスポンスデータ)の解釈は、SVG Mapの仕様の範囲外です。しかし、その言語が実現するかなりの機能は、コンテナSVGに変換することができるでしょう。この変換はデータ作成時のバッチ処理、サーバ側の動的処理、クライアント側のjavascriptによる処理などで実現できるでしょう。変換可能な具体的な機能は以下の通りです。

  • サーバが提供する地図の範囲:SVG Mapビューアは、コンテナSVGとして展開されたURL以外へのアクセス方法を知りません。すなわち、地図サービスの範囲はコンテナSVGとして展開することでクライアントに伝達できます。
  • サーバが提供するレイヤーの種類:SVG Mapビューアは、コンテナSVGとして展開されたURL以外へのアクセス方法を知りません。すなわち、地図サービス提供するレイヤーの種類はコンテナSVGとして展開することでクライアントに伝達できます。

GetMapプロトコル:

 一方、SVG Mapのプラットホームにとって、ビューアの地理的なビューボックスの値をサーバに通達するケースはしばしば考えられるでしょう。従ってその手段の共通化は有意義でしょう。そして、この手段としてhttp GETのquery partを用いることは妥当です。その具体的な仕様として、WMSの拡張されたHTTPプロトコルのうち、GetMapリクエストを利用することができるでしょう。この仕様をSVG Map Profileの仕様として公開する予定です。

2008年7 月18日 (金)

Architectures of Tiled Map Services

Since it had the mosaic tile-like map data and the similar functionality of SVGMap, we evaluated Tile_Map_Service_Specification(TMS).

It seems that the differences between two specifications are as follows.

SVG Map TMS
Basic concept Versatility and generality are considered as important by extending the minimum metadata and logic to the basic specifications of general-purpose SVG. A build of a simplistic map services is considered as important with the hardcode like specifications in which TiledMapServices specialized using.
Projection

From an compatibility with original SVG, only the projection by the primary affine transformation is supported.

Some well known projections by which the preset was carried out as specifications can be used.
Data formats for tiling functionality The single data format by which few metadatas for a map were embedded at the general-purpose data format (SVG). Three data formats for a map services prepared for each functionality
Storage structure of tiles All of the filename and directory-name of a tile, and directory structure can be set up freely. The preset (hard code) of directory structure and the filename is carried out as specifications.
Splitting structure of tiles The splitting for a non-equality, a random splitting, a splitting with a gap which were optimized based on the density of a data are possible. Instead, a layout of a tile must be specified by an index data (container SVG). Only a splitting of the division into equal parts by which the preset was carried out as specifications is supported. Where, splitting size can be set up freely. Instead, an index data is compact.
Supported graphics type Vector(SVG) and Raster(JPEG,PNG) Raster?

It seems that those differences are caused by whether it was designed based on GIS, or general-purpose Web contents. We will choose fusion generative architectures, since we aim at Web which the geospatial map fused with various contents.

Note: NASA's OnEarth has tried the delivery of the hint information for obtaining a tiled map efficiently based on WMS. However, this looks like the extemporaneous (stop-gap) extended specifications of WMS.

2008年6 月10日 (火)

「地理空間情報フォーラム2008/地理空間情報システム展2008」出展のご案内

「地理空間情報フォーラム2008/地理空間情報システム展2008」にて、「SVG Mapコンソーシアム」の展示を行います。展示ブースでは、高度な相互運用性を特長とする、ベクター形式の Web Mapプラットホーム「SVGMap」のデモを各種展示致しますので、この機会に是非ご来場ください。なお、イベント詳細ならびに展示場所については、下記を参照ください。

■名称:地理空間情報フォーラム2008/地理空間情報システム展2008
■会期: 6月18日(水)・19日(木)・20日(金)
■会場: パシフィコ横浜 【入場無料】

■展示場所:展示ホールD  技術展-2 ブース「gコンテンツ流通推進協議会」内
■イベント内容:詳細は以下のサイトよりご確認ください。
http://www.jsurvey.jp/geoforum2008.htm

2007年11 月29日 (木)

EZガイドマップ対応機種

SVG Mapをベースとしたauの携帯地図プラットホーム「EZガイドマップ」の対応機種は、現在42機種です。(2007年秋冬モデル含)
42 models are now supporting "EZ guide map" that is the KDDI's map platform for cell phone based on SVG Map.

2007秋冬モデル(プリインストール)

  • W56T
  • W55T
  • W54S
  • W54SA
  • W53H
  • W53K

プリインストール

  • INFOBAR 2
  • W54T
  • W53T
  • W53SA
  • W53K
  • W53CA
  • W52SH
  • W52SA
  • W52S
  • MEDIA SKIN
  • W52H
  • W52CA

ダウンロード

  • W52P
  • W52T
  • W51T
  • W51SH
  • W51SA
  • W51S
  • W51P
  • W51K
  • W51H
  • W51CA
  • W47T
  • DRAPE
  • W45T
  • W44T
  • W44S
  • W44KII
  • W44KII カメラなしモデル
  • W44K
  • W43SA
  • W43S
  • W43K
  • W43HII
  • W43H
  • W43CA